読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CebuStudy's blog

セブシティ内にある小規模語学アカデミーです。当アカデミーのご案内、セブ島のご案内をさせて頂きます。

Civet coffee ジャコウネココーヒー

バリ島などのお土産として知られる

インドネシア語でKopi Luwak

英語でCivet coffee

日本ではジャコウネココーヒーと言われるもの

 

コピ・ルアクインドネシア語Kopi Luwak)とは、ジャコウネコから採られる未消化のコーヒー豆のことである。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。日本では、コピー・ルアークコピ・ルアックルアック・コーヒーとの呼称も通用している。独特の香りを持つ。産出量が少なく、高価である。

 

コピ・ルアクインドネシアの島々(スマトラ島ジャワ島スラウェシ島)で作られている。このほか、フィリピンや南インドでも採取され、フィリピン産のものは、「アラミド・コーヒー」(Alamid coffee、現地の言葉で「カペ・アラミド」Kape Alamid)と呼ばれ、ルアック・コーヒーよりもさらに高値で取り引きされている。”ウィキペディアより

 

どれくらい高級かというと

日本で飲んだ場合、1杯5000円とも10000円とも言われています。

既に記載させていただいたように、フィリピン産のものはさらに高価な様子・・・

そのコーヒーがセブ市内でも飲めるんです。

 

そのお店がこちら

Abaseria Deli Cafe B&B

f:id:CebuStudy:20170308095138j:image 

店内にはフィリピン土産や東南アジアのお土産がところ狭しと並んでいます

しかも、どれもかわいい♪

ちょっとお高いのが気になりますが。。。

 f:id:CebuStudy:20170308095338j:imagef:id:CebuStudy:20170308095413j:image

こちらではお食事とお茶が頂けます。

メニューはこちら

 f:id:CebuStudy:20170308095457j:imagef:id:CebuStudy:20170308095526j:imagef:id:CebuStudy:20170308095658j:imagef:id:CebuStudy:20170308095735j:image

他のブログではP180と記載されていたのですが・・・・値上がりしてた・・・

それでもP250(600円ほど)

日本に比べたら、ものすごく安い!

 f:id:CebuStudy:20170308095815j:image

正直、私はコーヒーの違いが判らない人なので、なんとも言えませんが

コーヒー好きな友人は”おいしい”を連呼しておりました

 

こちらのお食事はフィリピン料理

美食家の友人もここのお食事は味も濃くなくておいしいと言っていました

 f:id:CebuStudy:20170308095850j:image

 

店員さんもフレンドリー

週末はワークショップもやっていましたよ

こちらはB&Bタイプの宿泊施設もあるのだそう

旅行にいらしたときに利用するのもよさそうでした

Abaseria Deli Cafe B&B

https://www.facebook.com/abaseriaofficial/