読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CebuStudy's blog

セブシティ内にある小規模語学アカデミーです。当アカデミーのご案内、セブ島のご案内をさせて頂きます。

How to JEEPNEYS フィリピン人の足”ジプニー”

今回はフィリピン人の交通手段”ジプニー”のご説明をさせていただきます。

ジプニーとは乗り合いバス

フィリピンでは、よくこの乗り合いバスを見かけます。

 先生達を含め、多くのフィリピン人が利用しています。

ジプニーを乗り継ぐと、様々な場所へ格安で移動が可能です。

f:id:CebuStudy:20170201105752j:image

 

まずは目的地へ向かうジプニーを見つけましょう

ジプニーには必ず英数字が記載されています。

この英数字はどのルートを走っているバスなのかを示すものです。 

その英数字やバスに記載された行き先を確認して乗車しましょう。

ジプニーのルートはかなり多く、複雑。

フィリピン人ですら全ては理解していません。

現在はジプニーのルートを検索できるアプリもありますので、そちらを利用してもいいかもしれませんね。

f:id:CebuStudy:20170201105826j:image

f:id:CebuStudy:20170201105831p:image

f:id:CebuStudy:20170201105902p:image

 

 

ジプニーの乗り方

街なかでたくさん見かけるジプニー。

その乗り場所は

どこでもOK

そぉです。どこでもいいんです。

交差点のど真ん中など、停車不可な場所でなければ、どこでも乗車可能です。

バス停のようなものはありません。

乗りたいジプニーが来たら、手を上げてアピール

ジプニーは止まってくれます。

もしくは、交差点などで停車中に後方から勝手に乗ってしまってOKです。

f:id:CebuStudy:20170201105943j:image

 

さて、ジプニーへ乗り込みました。

では、いつ運賃を支払いましょう?

これも、いつでもいいんです

乗車中、どのタイミングでも支払い可能。

料金は7ペソ

約17.5円

1ルート、どこまで乗ってもこの価格

しかし、離島へ行くと料金が変わったりもします。

この価格はセブシティ内の価格と考えてください。

支払いは、運転手かバス後方の出入り口で待機しているスタッフへ。

直接渡さなくても大丈夫。

近くに座っているお客さんへ渡し、バケツリレーのように運転手まで渡してもらってください。

お釣りもバケツリレーで返って来ます。

が!!!ジプニー内で使えるお金は極少額。

運転手は多くのお釣りを持っていません。

ジプニーへ乗る場合は、コイン~20ペソほどの少額を用意してから乗車してくださいね。

f:id:CebuStudy:20170201110419j:image

 

今度は下車方法

乗車場所も決まっていなければ、下車場所も決まっていません。

下車したい場所に来たら、手すりをコインで叩くなどして音を出し、アピールしましょう。

ジプニーは止まってくれますよ。

止まってくれたら、即座に後方出口から降りましょう。

しかし、アヤラやSMモールなど、大きなポイントではアピールしなくても止まってくれます。

多くのお客さんが上下車しますからね。

フィリピン人からしてみれば”乗りたい場所で乗れない。降りたい場所で降りることが出来ない日本のバス。なんて不便なんだ!!”だそうです。

 

 

しかし、ジプニーは決して安全とは言い切れません。

フィリピン人の先生ですら、ジブニー内で物取りにあったとの話も聞きました。

アカデミーによっては、ジプニーの仕様を禁止しているところもあるといいます。

乗車は日中のみ、出来れば数人で乗車することがいいでしょう。

車内でのスマートフォン。特にiPhoneの使用は控えてください。

また、外出時のアクセサリーの仕様は危険です。

ジプニー乗車中、また街なかを歩いてる最中に、ピアスやネックレスなどを引きちぎられたという話も聞きます。

日本人や韓国人はお金持ちという意識があるため、現地で購入した安価なものでも、高価なものに見えてしまうそうです。

控えてくださいね。

 

きちんと危機管理を行っていれば、フィリピンは決して危険な場所ではありません。

せっかくの観光、せっかくの留学。

危機管理を行いながら、楽しんでくださいね。